2017-07-15

Cafe Edomons

旨い寿司でくちくなった腹で金谷まで戻り「カフェえどもんず」で一休み。たった今、焙煎して終わったところだと勧められたマンデリンの深煎りを頼んで、一口、頭の天辺まで珈琲の芳香で溢れる。



"Cafe Edomons" とも「江戸紋豆珈琲」とも表示するこの店も、貸し切り状態、贅沢気分満喫。

寿司惣四郎

房総鋸南目指して午前8時少し前に自宅を出発。三連休初日の五十日のせいか国道は大型のトラックが多い。
11時丁度に寿司惣四郎に到着、店は暖簾が掛かけられたばかりだった。

カウンターに座って最初に頼んだハマグリの茶碗蒸し。具は日によって変わるらしい。器が大きくこれだけでも満足。



ニギリは左上から時計回りにカンパチ、ヒラメ、コショウダイ、メジナ、カツオ、サワラ、マコガレイ、シマアジ。コショウダイは初体験、大型の魚だそうだ。



味噌汁はお馴染みのアジの味噌汁。



ナメコと大根下ろしがたっぷりのった蕎麦の出汁は気持ち甘めだが、この蕎麦には合っている。



デザートはキウイをあしらった水羊羹はココア入り。あまり言いたくないが〆て1,750円。
日焼けしながらの惣四郎詣での走行距離は215.3キロメートル。

2017-07-14

パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊

新聞の記事で『とにかく面白い』と勧めていたので初めての「パイレーツ・オブ・カリビアン」。
この手の作品は避けていたのだが、やはり面白くなかった。
ディズニーランドが面白くなかったことと共通の何かかあるのかも知れない。

2017-07-08

静かに狂う眼差し−−現代美術覚書

収蔵作品を現代美術という観点から再構成して展示するDIC川村記念美術館 の企画展「静かに狂う眼差し−−現代美術覚書」は今日から8月27日まで。展示は以下の四部構成。

第一章 密室の中の眼差し
第二章 表彰の零度−−知覚の現象学
第三章 グレイの半美学
第四章 表面としての絵画−−ざわめく沈黙



何度も見ている作品が、見慣れた環境とは異なる壁に展示されている。今まで見えていなかった層や襞が見えて面白い。
館内の茶席で一休み。窓から見える塔はDICの研究所。

2017-07-07

書だ! 石川九楊展

予告案内状では「これが書だ−−石川九楊展」だったタイトルが「書だ! 石川九楊展」となって7月5日から7月30日まで「上野の森美術館」で開催されている。



会場内でメモをとっていると女性監視員が近づいて来て……
『ペン先が他のお客さまに刺さるといけませんので、ペン先は掌に隠してご利用ください。』
ジョン・ウィックでもあるまいし、嘗てそんな事故があったのだろうか?

「源氏物語書巻五十五帖」の中にカンジンスキーやルノアールやミロやゴッホやユングが見えた気がした。

ジョン・ウィック:チャプター2

続編があるかなと思ったが案の定の「チャプター2」。
第一作を見たときにも書いたが、キアヌ・リーブスのガン・アクション(拳銃殺陣)にますます磨きがかかっている。撃ちあいの最中に敵を投げ飛ばすシーンがかなりある。
ストーリーに陰翳や起伏があるわけでもなく、ひたすら銃を撃ちまくるお話。今作の終わり方を見るとチャプター3がありそうだ。