2013-08-12

山形田の麺二題

その一。
基本中の基本、板蕎麦。噛み応えがある。口の中に含んでしばらくすると蕎麦の甘みがにじんでくる。タレにワサビは入れない。



その二。
最近営業を始めた土曜日のランチタイム限定「ざる鳥中華そば」。
丼のタレは冷やし地鶏そばと同じモノ。麺はこれも山形産の「ゆきちから」。うす卵色の麺だけを口に入れると、その仕上がり具合は口の中で跳ね返るほどシッカリしている。その麺を地鶏ソバのタレにくぐらせると全くの別物に生まれ変わる。蕎麦屋の付け麺、侮り難し。

0 件のコメント:

コメントを投稿