2013-08-30

山形田

見落としてしまいそうな入口に立つ看板から、地階で供されるそばの味を想像するのはとても無理。



何時ものカウンターでありついた冷やし地鶏蕎麦。
地鶏を一切れシッカリ噛みしめて冷たい「山形田の酒」を口に含む。無骨なそばを一口すすり冷たい「山形田の酒」を口に運ぶ。器を持ち上げて地鶏エキスの香りと味が程よい透明な汁を楽しむ。もちろんガツガツ・ムシャムシャでも好い。
もし午後の仕事に差し支えないのなら、是非とも「山形田の酒」を冷やし地鶏蕎麦の道連れにして欲しい。

0 件のコメント:

コメントを投稿