2017-05-22

日大病院

手術前夜。
今日から三日間の予定で駿河台日本大学病院に入院。
10B病棟の窓から(多分)秋葉原方面の夜景。

2017-05-07

ふたご亭

久々の日本飯はふたご亭の「ぶたネギ塩焼き」。塩麹を使って炒めたようで甘い塩味が好い。

2017-05-06

西安:張康さん、成田国際空港

昨夜は20:40頃に上海浦東空港着。17:20発の乗り継ぎ便はとうに無し。
航空会社が用意したホテルで一泊、ツインルームを二人で使用してくれと言うホテル側の強い要望。

同室したのは張康さん、70歳で定年前は省政府上班と言っていたから省庁に関連した仕事をしていたのだろう。


宿泊したホテル、景悦国際精品酒店。部屋は改装したばかりのようで綺麗だった。



昨夜の上海浦東空港で、六日は全便満席なので七日の便しかとれないいと言われたが、今朝一番でチケットカウンターに行き、一日遅れの帰国になった。写真は成田空港に到着した搭乗機。

2017-05-05

西安:西安咸陽国際空港

西安咸陽空港から上海浦東空港へ。
午前11:40の搭乗時刻を一時間過ぎてもアナウンスが無く、出発掲示には赤い「延误(遅延)」の文字。
搭乗ゲートが09番から19番ゲートに変更になり大挙して移動。15:20現在、遅延後の出発時刻欄も空欄のママ。



17:00過ぎに航空会社が搭乗を待つ人達にジュースとクッキーが配られる。



搭乗開始は17:50頃。出発は18:20 頃だから7時間の遅れ。
遅延の原因は上海浦東空港で行われた中国初の国産旅客機C919型機の試験飛行が行われたためだったとか。
上海発の70%以上の便が、キャンセルになったり遅延したという。

2017-05-04

西安:散水車、徳発長

西安で良く見かけた散水車。散水口が上を向いていた(西大街にて)。



餃子で名の知れた鐘鼓楼広場の徳発長で。
春虾蒸絞29元(493円)、牛肉灌湯蒸餃25元(425円)、胡瓜18元(306円)、雪花ビール18元(306円)。

2017-05-03

西安:薦福寺、伝統文化交流中心

地下鉄二号線・南稍門駅近くにある薦福寺の小雁塔。



小雁塔の白衣閣の後に「伝統文化交流中心」、小さな門を入ると趣のある石造りの長屋だった。



長屋の内部は土産物店が並んでいた。

2017-05-02

西安:陝西歴史博物館

陝西歴史博物館・第三展庁にて。

◆三彩男装女俑/唐(618 - 907年)/西安市郊区出土


◆彩絵女立俑/唐(618 - 907年)/館蔵

2017-05-01

西安:碑林博物館

周から明代までの3000点を超える石刻・石碑が展示されている碑林博物館。その中心的な存在がこの石台孝経亭。



ここに納められている石碑には玄宗皇帝自筆の隷書と伝わる石台孝経が彫られている。

2017-04-30

西安:孫さん、恵記

西安の西北大学芸術学院で中国語活字の歴史を研究している孫さんと再会。左は研究生の月月さん。



案内してくれた「恵記」は羊の血を固めた豆腐(血豆腐/血旺)で有名な店。食感は豆腐とコンニャクの中間、上海でよく食べた鶏鴨血湯に似て臭みはほとんど無い。赤いタレが後を引く美味さだった。



恵記にはビールを注ぐグラスが無い。みんな瓶から直接呑んでいる。お願いして出してもらったのがこの器。何だか洒落てる。

2017-04-29

西安:秦始皇帝兵馬俑博物館

規模に圧倒される兵馬俑博物館一号坑。



二号坑の北東の角で発見された跪射俑、両手の形から弩弓を持っていたという。

2017-04-28

西安:回坊、清真大寺

土地柄のせいもあるのだろう、回族(漢族のイスラム教徒)が集まる路地(回坊)の規模が大きい。何度か歩いたが何時も人出で溢れかえっている。



回坊内の狭い路地を奥に進むと仏教寺院の姿を借りたモスクが建っている。西安清真大寺だ。下の写真は寺内に建つ木碑楼。

2017-04-27

西安:成田国際空港

5月5日までの予定で成田国際空港から成都経由で西安行き。
雨の中、駐機しているのは搭乗機。



機体を牽引するトーイングカーが可愛らしく並んでいた。

2017-04-21

牯嶺街少年殺人事件

上映は一日一回、開始は午後7時、終了は午後11時。休憩なしの尻が痛くなる四時間、椅子に縛りるけられる価値はあった。
ずいぶん前に台湾の名作がデジタルで復刻すると聞いていたがやっと見ることができた。四時間を長いと感じずあっという間だった。

1960年代始めの台北を舞台にした小四と小明を中心に展開する少年グループ同士の抗争物語。同時に家庭と学校の生活も描いている。
このころの台北を知らないが見ていてなぜか懐かしさを覚えた。



小翠が小四に向かって『私を変えようとしても私は変わらない、社会と同じように!』と言うセリフ、終幕近くに小明がもう一度小四に言うので妙に印象に残った。

2017-04-16

ブラック・スワン

政策研究院のLawrie Hunterさんに勧められた「ブラック・スワン」。『明日も今日と同じ』の危険性をわかりやすく説いている。
巻末の用語集や注解を読むだけでも面白い。それにしても参考文献のリストが53ページもあるとは……。

2017-04-15

下山田守一バンド

関内駅前のジャズ・カフェGIGは結成5年の下山田守一バンドのライブ。メンバーは岡部正二(cor)、山崎敬子(p)、根岸徹(g)、下山田守一(b)、末成峰子(ds)。
映画を見てジャズ・ライブ、昨日と同じパターンだがこんな日もある。




ゲスト歌手のウンジョンさん。



そして、久しぶりの加藤文代さんも歌ってくれた。

ムーンライト

2016年アカデミー作品賞受賞作品、上映館内は満席。作品が扱っているテーマもそうだが映像が凄い。



ブレているカットあり、ピンボケのカットありなのにリアリティーがあって、何も起こらないのに見ていて何かが起こりそうな気持ちになる。



少ないセリフの積み重ね、長い間をとったセリフとセリフ、なのに饒舌に語っているシャロンとケヴィンの青春と再開のお話。ラストの月夜の浜辺のショットが印象的。いい映画だ。

2017-04-14

キンのツボとチンさん

用賀のキンのツボ、店内のレイアウトが変わっていたが相変わらず焼き鳥は美味しかった。
今夜のライブは「★ウィークエンド・プラチナ・ステージ・ ジャズ<伊藤アイコ>」、メンバーは伊藤アイコ (vo) 、ぱく よんせ (pf)、 鈴木チン良雄 (b)、 タロー・オカモト (ds)。
ヴォーカルの伊藤さんは大阪から、ドラムスのオカモトさんはニューヨークから帰省中の出演。ぱくよんせさんのピアノが熱かった。



ライオン 25年目のただいま

インドの地方の小さな町で兄とはぐれ迷子になってしまった5歳の少年サルーが、オーストラリア人夫妻の養子として成長、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話の映画化作品。



これだけの話だが、迷子になるまでの描写や養子になるまでの経緯が丁寧に描かれている。



何故この映画のタイトルが「ライオン」なのか、最後の最後で明かされる。

2017-04-13

描き文字のデザイン

帰宅したら「描き文字のデザイン(雪朱里・著)」が届いていた。外見は帯じゃなくて腰巻を巻いた感じ!

2017-04-09

Shower Party for Kiiya

柴田くんが、出産前に帰国したKiiya のShower Partyに呼んでくれた。



会場の「モクモクコーヒー」についたらKiiyaへのお祝いのコーラスが始まったところ。懐かしい南條さん、チューさんの顔がある。



Kiiyaのギターで彼女の友人たちがお返しの歌を披露。



「モクモクコーヒー」での内輪のパーティーの後は会場をスタジオに移してKiiyaをお祝いするコンサート。



最初のバンドは、何回聴いたかわからないカセットテープ "KING KONG PARADISE"、 その声と全く変わらない南條さんと彼のファミリー・バント。



いつもノリノリ、熱いヴォーカルでKiiyaにお祝いの歌を披露するチューさん。



五つか六つのバンド演奏が終わってから、間も無くオジイチャンになる柴田くんが一人で登場。"Excuse me" に掛けたダジャレ "Exshoes me" を英語で披露、そこそこ受けていた。



40年前の日出町の想い出につながるKiiya、どんな母親になるんだろう?



会場は飯能駅から徒歩で数分の "AKAI Factory"。素敵なパーティーだった。